お金が欲しいなら副業をしよう

メキシコのお金であるペソを司る中央銀行はBancodeMexicoです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

メキシコのお金を司る中央銀行

メキシコのお金であるペソを司る中央銀行はBancodeMexicoです。この中銀の金利政策はインフレ・ターゲットで、年率3%プライマイナス1%の範囲に抑えることを目指します。このためにメキシコ中央銀行は金融の調達手段として、主にCORTOを使用しています。このCORTOは翌日物ローンへの商業銀行の需要と、中銀が貸し出すメキシコ・ペソ金額との差額のことです。中央銀行は金融を緩めたり、引き締めたりするのにこのCORTOを使い、これで市場に中央銀行の意図を伝えることにしています。

中央銀行は原則、毎月第2週と第4週に定例会議を開催して、金融政策を決定しています。また、メキシコ政府の発行する短期政府証券はCETESと呼ばれ、短期金利のベンチマークであり、1978年から発行が始まりました。これには28日、91日、182日、364日の4種あります。この中で一番人気があるのが、28日と91日物です。そして、中央銀行による為替市場介入は、1994年12月からメキシコ・ペソが変動相場制に移行してから、実行されるようになりました。1995年と1998年での介入は、為替市場における投機的な活動を抑えるために行われました。

オススメサイト

Copyright (C)2018お金が欲しいなら副業をしよう.All rights reserved.